酒と車の日々

車やドライブ、グルメなどをテーマとした日記系ブログ

シトロエンディーラへ行ってみた ~C3の見積りと値引き額~

time 2019/06/21

シトロエンディーラへ行ってみた ~C3の見積りと値引き額~

シトロエンディーラへGo!!

さて、昨日のエントリを書いたあと、時間があったのでシトロエンの正規ディーラへ行ってみました(・∀・)

昨日の記事はコチラ↓

シトロエンC3がお買い得な件 | 酒と車の日々
納車待ちの間に車が欲しくなる さて、このブログを書いている本日(2019年6月20日)現在、納車待ちをしているのは、下の2台。   アバルト595コンペティオーネ アバルトは、車庫証明の申請書も印…

 

ディーラー到着

入ってまず置いてあったのはC3。

というか駐車場に停まってる車ほとんどC3です。

スイスポと並べてみましたが、サイズ感としてはほぼ同じ感じでした。

 

人手が少ないようで、営業さんの手が空かず、店内に入ってしばらくC3を一人で見てました。

これがSHINEと言う上級グレードのC3です。

ポップな色使いと、ドア側面にはエアバンプと呼ばれる樹脂の部分があり、どことなく商用車の様なイメージを彷彿とさせます。

若干ですが、同じくフランス車のカングーに近い雰囲気ありますね。

運転席まわり。

内装もポップなイメージを踏襲しており、色使いがおしゃれです。

この辺はトゥインゴと共通するテイストです。

注目は、センターに7インチのタッチパネル液晶があり、これでエアコン等の操作を行うようになってます。

もちろん、Apple Car Play、Android Autoに対応しており、これが標準装備です。

同価格帯のトゥインゴやup! GTIと比べてもお得感があります。

リアから俯瞰。

ちなみに、リアブレーキはソリッドディスクではありますがディスクブレーキが奢られていて、ここも同価格帯のトゥインゴやup!より豪華です。

 

試乗へGo!

営業さんの手が空かないので、整備の方と一緒に試乗してきました。

1.2Lターボという事で、同価格帯の1.0Lターボよりトルクが明らかに厚く、コンベンショナルなトルコンステップATと相まって、中々スムーズな出足です。

足は柔らかめですが、ロールやピッチは抑えられていて、割りかしフラットライド。

乗り心地という面では、かなり良いなぁと思いました。

また、静粛性も高く、ロードノイズもほとんど気になりません。

速度は出せませんでしたが、街中の試乗コースを走った中では、運転しやすく、素直なハンドリングで、結構楽しめました。

 

見積りは?

ディーラーへ戻ってきて、営業さんとバトンタッチ。

カタログを頂きました。

そして見積りです。

今は、SHINEというグレードをベースにした特別仕様車が2モデル出ていて、こちらがオススメとの事だったので、SAINT JAMESという特別仕様車で出してもらいました。

(※写真はシトロエンのHPより転載)

オプションはETCとポリマー(ディーラが入れた)のみ。

値引きなしの素の状態の見積りがコチラ↓

諸費用諸々入れて、乗り出しで

 

290万円!

 

ちょっと高め?

元が256万円なので、こんなものですかね。

まぁ、車庫証明や納車費用をカットして、ポリマーカットすれば-64,800円(税抜き)なので、284万くらいにはなるかな。

 

値引きはいくら?

さて、それではキャンペーンのローン金利0%を考慮して、実際に買うとした想定で値引きも入れて見積りを頂きました。

それがコチラです↓

 

な、なんと!!

 

一声20万円値引き!!

 

 

こ、これは本気が感じられる(;^ω^)

では、貧乏人の味方、ローンの返済額はどうなるのか?

それがコチラです↓

上の見積りは、3年36(+1)回でのシミュレーション。

残価率は40%です。

頭金なしフルローンで、月々47,200円。

50万円の頭金を入れた場合、月々33,300円。

100万円の頭金を入れた場合、月々19,400円。

 

なかなかいい数字じゃないか…(゚A゚;)ゴクリ

 

では5年60(+1)回ではどうか。

残価率は20%です。

それがコチラ↓

 

頭金なしフルローンで、月々36,600円。

50万円の頭金を入れた場合、月々28,300円。

100万円の頭金を入れた場合、月々20,000円。

 

とても現実的な数字…(゚A゚;)ゴクリ

 

しかし、残価率が20%となるため、100万円の頭金を入れた場合は月々の支払額が3年に比べてあがってしまっています。

月々3万円台なら買えなくはない…。

 

残価率はオープン型

と、ここまで現実的な数字が出て、思わず買ってしまいそうですが、実は大きな落とし穴があります。

VWやアバルトは残価率を保証しているクローズド型なのに対し、シトロエンはオープン型です。

つまり、3年後、5年後に査定を行うことで、最終回の金額が決まります。

その際、

残価の保証はありません

例えば、上記の36回の場合、残価率40%で最終回100万円となっていますが、3年後に100万円で査定される保証はないのです。

従って、最終回の支払い時に車を返却する場合、

査定によっては足が出る

こともあり得ます。

これは、ちょっとリスキーかもしれませんね。

C3は人気で世界中で売れており、シトロエンの他のモデルよりは残存価値が高めに推移すると思われますが、安易に飛びつくと、大きなしっぺ返しをもらう可能性があります。

 

自分は車を10台以上持っているため、恐らく3年で5,000kmも走らないと思うのと、納車後すぐにガラスコーティングを掛けた上、ガレージ保管で更に雨の日には基本乗らないので、かなりキレイな状態で返せると思いますが、それでもちょっと考えてしまいます…(x_x)

 

どうしようかなぁ~(;・∀・)

 

以上、C3の見積り&値引き情報でした。

 

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

酒粕GT

酒粕GT

お酒と車が好きな酒粕(sake + cars)GTです。 頻繁に料理を作り、お酒を飲んで居ます。 休日は車でドライブやグルメ巡り。 車は小さい車(特に軽自動車)、MT、オープン、後輪駆動が好き。 ある時はサーキットでスポーツ走行、ある時は林道を駆け抜け、ある時は海辺をオープンでドライブ。 全ての駆動方式をコンプリート。 11台の車を所有。

アーカイブ



sponsored link